看護師が整形外科へ転職する場合のメリット・デメリット

看護師が整形外科へ転職する場合のメリット・デメリット

2017/7/5 更新

明るい雰囲気で長く働ける整形外科

看護師が整形外科へ転職する場合のメリット・デメリット

整形外科での働き方を知ることは、これから整形外科への転職を希望する看護師にとても有利です。 自分の活かせるスキルやこれから覚えられる知識を知ることで、転職してからのモチベーションが変わってくるでしょう。 ここでは、整形外科での働き方をご紹介し、メリットとデメリットについても取り上げます。

 

整形外科での働き方

整形外科の特徴と業務内容

整形外科は、全身の骨や関節、神経に関する疾患や怪我の治療を行うところです。

骨折は小さな子供でも起こり得ますので、患者の年齢層は他の科に比べると幅広いのが特徴です。治療に際して行われるレントゲン検査やギプス巻きなどの処置、処方される医薬品についての説明などは、整形外科に属する看護師が行います。

時として、採血や点滴、筋肉注射などを行うこともあり、オペを行う際にはオペの準備から介助、オペ後の掃除なども任されます。

一般外科に比べて内蔵などを見る機会は少なくはありますが、血を見る機会がある仕事です。血を見るのが苦手だから整形外科に行きたいと思っている人は、オペを行わない整形外科を探すか、別の診療科を目指しましょう。

需要の大きい診療科である

整形外科は、打撲などの小さな怪我から、交通事故による全身骨折などの重症患者まで幅広く治療します。

内科に次いで患者の総数が比較的多いため、需要は高いと言えるでしょう。他の科に比べてクリニック数や病院設置数は多く、それだけ求人が多い診療科でもあります。

整形外科の看護師として力をつければ、転職時にも求人を探す際に困ることはなさそうです。

整形外科へ転職する際のメリット

治癒する過程を短期間で感じられる

整形外科での基本的な日常では、重症患者に出くわすことは少ないでしょう。

打撲や骨折、その他の疾患でも生死をさまようことは少なく、日に日に回復していく様子を確認できるため、やりがいを感じやすいという特徴があります。どの診療科でも、看護師は患者の回復のために仕事をしています。

しかし、回復する様をテンポよく見られるのと見られないのとでは、働く看護師のモチベーションも大きく違ってくるでしょう。

職場の雰囲気が明るい

重症患者が少なく回復する患者が多い整形外科は、患者や看護師にも明るい空気が流れています。看護師どうしの関係も良いところが多く、長く働ける環境と言えそうです。

日勤で働けるところが多い

整形外科の良い点としては、日勤勤務で働けるところが多いところも覚えておきたいメリットです。

看護師は夜勤が多くて大変というイメージが強い中、整形外科は家庭と両立しながら働ける数少ない診療科です。結婚や出産をしても長く働きたいと願う看護師にとっては、適した診療科と言えるでしょう。

整形外科へ転職する際のデメリット

身につけるべき業務が幅広い

整形外科は明るい科ではありますが、一方で、覚える知識や技術が非常に多いという特徴もあります。

例えば、ギプスの固定方法ひとつとっても、方法は数十種類にわたります。巻く場合はコツが必要で、患者の体に合わせた絶妙な力加減で巻くなど、ある程度の経験が求められます。

オペが必要になった場合は、オペの手配や介助に加えてその後の患者のリハビリや薬物療法などの方法も詳しい知識と経験が必要です。

整形外科は全身の骨や神経に携わるため、業務外で学ぶ時間もしっかり確保する必要がありそうです。ただし、日々学ぶことが多い科というのは、長い目で見ると専門性が高まる科とも言えます。

スキルを身につけたい人にとっては、大きなメリットと言えるかも知れません。

肉体的にきつい仕事もある

整形外科の仕事はまた、リハビリの際に患者の移動の介助や体位交換など、なにかと力を使う業務が多いのが特徴です。

日常的に力を使う仕事が発生するので、体力のある人が求められるのは言うまでもありませんね。

まとめ

自分の看護師としてのキャリアを考えた場合、整形外科で働くことにはどのようなメリットがあるでしょうか。

将来の展望と整形外科での働き方がマッチしているかどうかを今一度確認し、どのように働きたいのかを明確にしておきましょう。

整形外科といっても、各病院での働き方はそれぞれ違いがあります。転職サイトで各施設での特徴や勤務形態、併設の科などをチェックし、働きやすさを把握しておきましょう。