男性看護師が辞めたい・転職したいと考える理由とは?

男性看護師が辞めたい・転職したいと考える理由とは?

2017/7/5 更新

今後ますます需要が高まる男性看護師

男性看護師が辞めたい・転職したいと考える理由とは?

男性看護師は少しずつではありますが、増えてきています。 ですがまだ全看護師の8%ほどでしかなく、看護師の世界は女性中心の世界と言えます。 女性ばかりの職場で働く男性看護師には色々な悩みがあるはずです。 男性看護師が辞めたい、転職したいと考える理由とはどんなものなのでしょうか。 どんな悩みを抱えながら仕事をしているのでしょうか。

 

男性看護師が辞めたいと思うときとは

女性が圧倒的に多い看護師の職場では、男性看護師は孤立しがちで、悩みを相談する人が少なくなります。

また男性だからという理由だけで体力が必要な入浴介助業務ばかりやらされたり、興味がないのに手術室や特殊外来業務に回されるなどのケースも多く、こんな感じで一生看護師を続けられるのだろうか、家族を養い続けられるのだろうかと悩む人が多くいます。

これ以外にも収入が上っていかないことが不安の原因になっており、これらが他の世界で仕事をすれば出世でき、収入も上がるのではないかと考え始めるきっかけにもなっています。

女性看護師の場合、職場を変わりたいと考える人はいても、看護師そのものを辞めたいと考える人は少ない傾向にあります。ところが男性看護師の場合は、職場を変わりたいと思うのではなく、看護師そのものをやり続けて良いのかと自問自答した後、看護師を辞めようと考える人の割合が多い傾向にあります。

臨床工学技士、放射線技師などに転職する人も

男性看護師が看護師を辞めた後、臨床工学技士、放射線技師、理学療法士などの看護師以外のコメディカルに転身する人が多いのも特徴です。

看護師として女性中心の職場で働くより、比較的身近で、男性比率が高い職種に興味を持つのでしょう。

看護師そのものを辞めることは簡単ですが、今まで学んできたことや頑張ってきたことを無駄に終わらせるべきではありません。
少しでも悩みを解決できる転職先はないのでしょうか。

男性が看護師として働きやすい職場とは

男性看護師が働きやすい職場とはどんな職場なのでしょうか。

それは一言で言うと、男性看護師の必要性が高い職場です。男性看護師でなければならないと感じられる職場であれば、自分に自信が持て、看護師としての志を全うすることができるはずです。

精神科

精神科には男性看護師が多く、30%以上の男性看護師が働く施設もあります。

他の診療科では8%前後ですから圧倒的に男性看護師が多いことが分かります。

精神科の患者は暴れたり、物を投げたりする場合が多いため、男性看護師なら安心して任せられることが理由でしょう。男性看護師が多い職場なら、孤立することもなく、悩みを相談できる相手も見つかるはずです。

泌尿器科

泌尿器科の患者は男性患者が多いため、看護師が女性の場合はセクハラ被害に合う率も高いと言われています。そのため男性の方が適しており重宝がられます。

患者が男性看護師を求めている診療科

診療科を問わず、患者本人が男性看護師を潜在的に求めている場合もあります。そのようなケースでは、男性看護師は非常にありがたい存在になります。

今後もっと必要になってくる男性看護師

看護師はどの医療施設でも慢性的に不足しており、求人が絶えません。

女性が中心の職場ですが、女性看護師は結婚や出産、子育てなどで退職してしまう場合が非常に多く、組織として考えた場合には仕事を覚えてもらい、これから本格的に活躍してもらう時に退職となってしまうわけですから残念に思えるでしょう。

男性看護師ではこのような退職はありません。

また女性看護師では大変な介護業務も男性看護師なら安心して任せることができます。つまり男性看護師を求めている医療施設も必ずあるのです。

今は男性看護師にとって厳しい仕事かもしれませんが、看護師不足の現在では、今後この傾向は変わってくるはずです。

男性看護師が少しでも働きやすい職場を探すためにも、転職サイトを有効活用してください。コンサルタントが男性看護師の働きやすい環境を見極め、納得できる職場を提案してくれるはずです。