総合病院とクリニックで異なる看護師の転職メリット

総合病院とクリニックで異なる看護師の転職メリット

2017/7/5 更新

転職目的に合った転職先を選ぼう

総合病院とクリニックで異なる看護師の転職メリット

看護師の転職先として一般的に浮かぶのは、総合病院やクリニックになるケースが多いでしょう。 では総合病院とクリニック、どちらを転職先に選んでも差は無いのでしょうか。 実は看護師としての将来を考えた場合には大きな差があるのです。 転職してから実態に気が付き、焦ってしまったり、後悔しないよう、事前にしっかりとそれぞれの特徴を理解しておきましょう。

 

医療施設としての総合病院とクリニックの違い

総合病院とクリニックは医療施設としても違いがあります。

総合病院はベッド数100床以上で、なおかつ内科、外科など複数の診療科を備え、臨床検査部門も備えている医療施設のことを指します。

規模が大きくなるため、一般的に看護師も多くの人数が勤務しています。

一方、クリニックは19床以下のベッド数もしくは病床を設備しておらず、診療科目に対する規定はありません。

クリニックの名称そのものも診療所や医院と同義語と言えます。総合病院と比較すると規模は小さくなり、勤務する看護師数も明らかに少人数となります。

将来を見据えたレベルアップについて

総合病院は資格や教育に対する支援体制が充実している

看護師のスキルアップや資格取得は患者への適切な対応の質が向上することでもあり、総合病院では積極的に支援する体制が用意されています。

支援するためには看護師が研修を受けたり、学校に通う間、勤務を抜けることがあっても、カバーできなければなりません。

総合病院では看護師の勤務人数が多いため、休みや勤務を抜けても交代要員やカバーが可能です。

また看護師人数が多いということは、看護師一人が雑用までこなす必要はなく、看護師本来の仕事に集中でき、より高度な看護技術を取得しやすいということです。

これにはもちろん、総合病院には比較的重篤な患者が多いということも影響しています。総合病院に勤務するということは、看護師としてのスキルアップにつながる要素が多いということなのです。

クリニックでのレベルアップは難しい

クリニックは総合病院と比較すると、院長の方針が全てになります。

看護師が研修を受けたり、学校へ通う際にも、それが必要かどうかは院長の判断が大きく影響し、院長が不要だと考えた場合には勤務を抜けることは許されません。

これはクリニックに勤務する看護師数が限定的で少人数であることも影響しています。

看護師が一人休んだり、抜けたりすると、誰かの負担が大きくなってしまいます。

またクリニック勤務では、看護師が看護師本来の仕事以外の雑用的なことまでしなければならないケースもあります。

つまり看護師の仕事に集中できない場合もあるのです。これ以外にも、クリニックの患者は慢性疾患や軽度な疾病の患者がほとんどになり、対応する疾病は限定的になってしまうこともあり、スキルアップにはつながりにくいのが現状です。

勤務時間について

総合病院は定時に退出することは難しい

総合病院の患者は比較的重篤な症状の患者が多く、入院患者も同様でしょう。

容体が急変することも多いので、定時に退出することは難しい場合が多くあります。

また時間外の院内研修なども多いため、プライベートを充実させることは難しくなります。

クリニックは定時退出がほとんど

クリニックの患者は慢性疾患や軽度の疾患である場合がほとんどのため、時間外勤務はまずありません。

時間外に実施される院内研修もほとんどなく、仮に残業になっても終了時間が読める場合がほとんどです。プライベートは充実させやすい環境と言えます。

職場の人間関係について

総合病院は人事面の影響で人間関係は悪化しやすい

病院には大勢の看護師が勤務しており、長く勤務し続けると昇格などもあるはずです。

それが影響して、人間関係が悪化するケースが多く見られます。

しかしながら気の合わない人がいても、大勢の看護が勤務するため、シフトが合わなければ顔を合わす機会も少ないと言えます。

クリニックは仲間意識が芽生えやすい

クリニックに勤務する看護師は少数であるため、仲間意識が芽生えやすく、人間関係は悪化しにくいケースが多いでしょう。

しかしながら、どうしても気が合わない人がいた場合には、常に顔を合わせることになってしまう点に注意が必要です。

総合病院とクリニックの特徴を理解して転職を

上記のように、総合病院とクリニックには大きな違いがいくつかあります。

転職の目的が異なれば、人によって長所といえる部分も短所にもなってしまい、短所は長所にもなり得ます。

自分の転職が何を重視しているのかを見定めたうえで、総合病院とクリニックの特徴を理解し、選択するべきでしょう。