手術室看護師へ転職する場合のメリット・デメリット

手術室看護師へ転職する場合のメリット・デメリット

2017/7/5 更新

看護の基本が網羅できる仕事

手術室看護師へ転職する場合のメリット・デメリット

手術室でサポートを行う手術室看護師。 医療ドラマのワンシーンでよく見かけることの多い職業ではありますが、実際の現場ではどのように働いているのでしょうか。 転職した後に想像していた働き方とのギャップに苦しまないためにも、手術室看護師の特徴やメリット・デメリットを把握しておきましょう。

 

手術室看護師の働き方

手術室看護師の仕事内容

手術室看護師の仕事は、手術室で手術を行う患者に対し、あらゆる面からサポートをすることです。

仕事は大きく分けると直接介助と間接介助に分けられます。

直接介助は器械だしと言われ、手術がスムーズに行われるようにサポートする仕事です。医師へタイミングよく必要な機器や機材を手渡すというシーンは、ドラマでもおなじみの光景ですね。

一方、間接介助は外回りとも言われ、器械だし以外のところで必要となる業務全般のことを指します。

手術前には、手術をひかえた患者の精神的サポートや、手術に必要な機械や医薬品が揃っているかの確認を行います。手術中は患者の状況把握や出血量・尿量などの把握、他部門への伝達・調整など、直接介助以外に必要な業務全般を把握し、テキパキと動かなければなりません。

また、手術後には手術室の片付けを行い、患者の介助やICUへの申し送りをすることなども、大切な業務のひとつです。

手術室看護師のメリット

他部署では味わえない達成感

手術室看護師の最大のメリットは、手術を終えて患者を病棟へ送る際の達成感ではないでしょうか。

患者の体を開いて悪いところを処置するのを目の当たりにするこの仕事では、人体の神秘を感じることもできます。

さらに、患者を回復させようとスタッフ一丸となって取り組む手術室の空間は、他の部署では味わえない一体感があるでしょう。

するどい判断力が見につく

手術室看護師は、このようにあらゆる場面での状況を把握し、今何が必要かを瞬時に見極める力が必要です。

手術はミスが許されない行為ですので、それをサポートする看護師にも確実な働きが求められます。常に緊張感とスピード感のある中で働くため、他の診療科に属するよりも対応能力が高まることが期待できます。

また、手術前後や手術中の患者は、時として言葉を発せないこともあります。言語コミュニケーションがままならない中で、患者の容態を把握したり、訴えを聞き分けたりする力も身につくでしょう。

経験が他部署へ行っても活かせる

手術前後のあらゆるサポートを行う手術室看護師の仕事は、看護の基本を網羅しているといっても過言ではありません。

手術室と聞くと専門的な知識が必要な特殊な空間なのではと思われがちですが、実際は逆です。

手術の間は、病棟勤務では決して見ることができない患者の体の中の状態を確認できます。患者の病態を直接見ることは、より詳細で的確な処置やサポートへと繋がります。

特に外科系看護師を目指す人にとっては、手術室看護師で身についた経験はとても有利に働くでしょう。

休みが定期的に取れる

手術看護師として働く場合はまた、日勤勤務である点もメリットと言えます。

さらに、土日もしっかり休める病院もたくさんあります。日勤と夜勤が入り混じる病棟看護師などと比べると規則正しく働けるため、体力的にも安心です。

手術室看護師のデメリット

当直や自宅待機がある

手術室看護師のメリットとして、日勤・土日休みなどをご紹介しましたが、一方で、当直や自宅待機が定期的にある点は覚えておかなければいけません。

当直や自宅待機では、緊急手術時に声がかかった際にすぐ出勤できるよう、待機している必要があります。

外出をせずに家で待機していたとしても入浴や睡眠などにも気を配らなければならないため、負担に感じる看護師は少なくありません。

お給料が低め

もうひとつのデメリットとしては、夜勤勤務がない分手当が薄く、病棟看護師などと比べると収入に差が出てしまうという点です。

夜勤があるのとないのとでは、月収で5万円前後違うといわれています。

患者と関わる時間が少ない

手術の前後に患者のサポートを行うとはいえ、病棟看護師と比べて患者一人一人とじっくり向き合う時間はありません。

さくさくと仕事をこなす人には向いているかも知れませんが、一人一人の患者と密にコミュニケーションを取りたい人にとっては、やりがいが薄いと感じてしまうこともありそうです。

まとめ

手術室看護師の働き方は、あなたがイメージするものと同じでしたか?

実際のお給料や勤務形態、どのくらい忙しいのかという点については、病院によっても異なります。

詳しい情報は、転職サイトを利用して入手しておきましょう。チェックポイントは、年間の手術件数や看護師数、実施する手術の種類などです。

病院によっては病棟や外来と兼任の場合もあるので、このような点もしっかり把握しておくとよいでしょう。