看護師が個人病院へ転職する場合のメリット・デメリット

看護師が個人病院へ転職する場合のメリット・デメリット

2017/7/5 更新

個人病院への転職を成功させるポイント

看護師が個人病院へ転職する場合のメリット・デメリット

看護師が転職先として病院を選ぶとき、診療科や病院の規模は必ずチェックするものです。**特に個人病院は掲げる診療科が限られており、経営者の方針が色濃く反映されます。** そこで今回は、看護師が個人病院への転職を考えたときにあらかじめ知っておきたいことについてご紹介します。 個人病院の特徴や仕事の内容、個人病院で働くうえでのメリット・デメリットについてみていきましょう。

 

個人病院とはどんなところ?

個人病院は治療のためのベッド数が20床未満のクリニックよりも規模が大きく、外来と入院を扱っているのが一般的です。

地域に密着した医療機関になるため、高齢の方や複数の基礎疾患を持っている患者には、掲げている診療科以外の分野についても診療することがあります。

また、院長が経営者である場合が多く、医師でありながら一企業の経営者でもあるので、地域医療への取り組みや治療方針、院内の人事に至るまで院長の意思が反映されています。

個人病院で働く看護師はどんな仕事をしているの?

個人病院で働く看護師は、外来や検査業務と入院患者さんのケアを行います。

大学病院や地域の中核病院のように、重症の患者に関わるということは多くありません。

外来専門・病棟専門として働くところもあれば、日によって部署が変わるところもあります。ただ、手術を行っているところでは、手術室勤務は専属となります。

外来業務では医師の診察補助や健康指導のほか、採血や点滴など治療に必要な処置を行います。

そして病棟では、入院中の患者さんの検温をはじめ、採血や治療に必要な処置、そして患者さんの状態に応じて移動の介助や清潔ケアを行います。検査室での業務は検査の実施、内視鏡のような医師が行う検査はその検査の補助を行います。

個人病院を選ぶメリットは?

自分が学びたい分野に集中して経験を積める

診療科が決まっているため、特定の分野を集中して学ぶことができ、経験を積んでいくことができます。

ひとりの患者に深く関われることが多い

地域密着型になるので、地元の人がかかりつけ病院として利用することが多く、ひとりの患者と長期的に関わることができます。

一人一人の患者のことを深く知ることができますし、信頼関係も深くなっていきます。

勤務条件の交渉がしやすい

個人病院の場合、勤務希望の交渉などは経営者である院長と行うことになります。

平日勤務のみ、午前勤務のみのような時短勤務も可能なところが多く、個人の都合による働き方を尊重してくれるメリットがあります。

プライベートの予定が立てやすい

個人病院は診療時間が決まっています。

病棟は入院患者さんがいるために常に稼働していますが、夏休みや年末年始に合わせて手術予定や入院を調整することもあります。そのため、年間を通して定期的に休日をとれることが多く、プライベートを充実させることができます。

職員同士のつながりが深い

病院の規模が大きくないので、スタッフ同士おなじ時間帯で勤務することがほとんどになってきます。

おのずとコミュニケーションが増えますので、職員同士のつながりも深くなっていきます。アットホームな雰囲気を期待できますので、慣れてくれば働きやすい職場と言えるでしょう。

個人病院で働くうえでのデメリットは?

経営者の方針が絶対である

個人病院は経営者の方針次第で提供する医療サービスが異なってきます。

企業としての収益を重んじるがゆえに、特に国公立病院などから転職した場合には戸惑うことがあるかもしれません。病院と言えども企業体としては小企業になりますので、経営者の方針には従わなければなりません。

雑用が多くなりがち

看護師以外の職員がいても、病院全体としてスタッフの人数は限られています。

そのため、看護師の業務以外の雑用を行うことも多くなり、看護師としての仕事に集中したいと不満に感じる人も出てくるでしょう。

スキルアップのためのサポートが不十分なことも

看護師のスキルアップに必要な、看護研究を行えるかどうか、勉強会が多く開かれているかどうかも経営者の方針次第です。

必要であれば院外の勉強会や講習に参加するよう、個人の意思に任せている病院もあります。

個人病院への転職を成功させるために

個人病院を選ぶ場合には、経営者である院長の方針に共感できるかどうかがポイントになります。

いくら条件面で自分の希望に見合う場合でも、経営者の考えに納得できないのであれば満足できる転職にはならないでしょう。転職を成功させるためには、事前にそういった情報を収集する必要があります。

そのためには、転職サイトを活用し、転職コンサルタントに相談し詳細な情報を教えてもらうのが得策と言えるでしょう。