看護師の仕事が比較的楽な診療科とは?

看護師の仕事が比較的楽な診療科とは?

2017/7/5 更新

楽な診療科にもそれぞれ特徴がある

看護師の仕事が比較的楽な診療科とは?

看護師の仕事はハードだというイメージがありますが、配属された診療科によってはその度合いが大きく異なります。 心身ともに負担が少ないのはどのような診療科なのでしょうか。 ここでは、比較的楽に働けると言われている診療科をご紹介いたします。

 

眼科・皮膚科

眼科や皮膚科は、基本的な検査技術を身に着けることができれば、あとは機械的にこなせる診療科といわれています。

検査技術といってもそれほど難しいものはないため、取り組みやすく続けやすいという特徴があります。

外科や救命救急科のように命に関わることがほぼないため、精神的な負担が少ないという点でも人気です。一方で、眼科や皮膚科は患者数が多い傾向があります。

患者とコミュニケーションを取りながらテキパキと仕事をできる人が向いているでしょう。

整形外科

整形外科は、病院によっては外科的知識も必要とされるところもありますが、基本的にはギブスや包帯を巻く技術など、頻繁に難しい技術が必要とされる現場ではありません。

また、軽症の患者が多い傾向があるため、患者自身元気な人が多く、全体的に明るい雰囲気の職場という点でも人気があります。

精神科・心療内科

精神科や心療内科は、他の診療科に比べて必要とされる看護技術が極端に少ないという特徴があります。

この点だけを見れば、楽な診療科と言えるでしょう。

しかしながら、これらの科では患者さんの精神的なケアをすることが主な仕事となります。時には突然暴れ出したり、ひどいことを言われたりすることもありますので、他の科とは違う気苦労があると言えます。

患者の病状に応じて適切に対処できるよう、細やかな心配りができる人が向いているでしょう。

内科

内科は、風邪などで体調不良を訴える患者さんに対して、レントゲン検査や採血、胃腸の検査などをする仕事が主体となります。

救急の現場などに比べて重症患者は少なく、精神的にも肉体的にも楽な診療科と言えるでしょう。

高齢の患者さんが多い傾向にあるため、コミュニケーション力が問われる科でもありますが、体全般についてのケア方法が学べるため、新人看護師時代に一度は経験したい診療科としても人気です。

これから看護師として活躍するための登竜門として経験しておくのもひとつかも知れません。

企業看護師・医務室勤務

企業看護師や医務室勤務は、緊急性のある仕事ではないため、毎日ゆったりと仕事できるのが特徴です。

まれに重症患者に遭遇した場合でも、病院まで付き添ったり病院へ連絡をしたりするだけで、あとは病院側へお任せというスタンスです。

看護師としての技術があまり身につかないというデメリットもありますが、心身ともにストレスの少ない楽な職場と言えるでしょう。

その他:耳鼻咽喉科・産婦人科

その他の診療科で比較的楽な現場といわれているのは、耳鼻咽喉科や産婦人科です。

耳鼻咽喉科は鼻水の吸引や採血、レントゲンなど、ある程度の技術を身に付ければできる仕事です。

産婦人科では採血や超音波など、医師が行う検査のサポートをし、妊婦さんの出産前後のケアを行います。

しかし、耳鼻咽喉科は子供の患者が多く、産婦人科では精神的に不安定なことが多い妊婦が相手です。コミュニケーション能力が試される職場でもあるため、子供やお産に抵抗なく対応できる人が向いていると言えそうです。

まとめ

このように、同じ看護師としての仕事でも、どこの診療科に所属するかによって働き方は大きく変わってきます。

自分自身がこれからどのような看護師を目指すのか、また、どのような働き方をしたいのかによっても、働きたいと思える診療科は変わってくるでしょう。

自分の目指す将来像を見据えたうえで自分に合った職場、転職先を探す時に、看護師専門の転職コンサルタントは頼りになります。

自分が経験したことのない診療科の職場状況など、過去の求人情報や実際に人材を紹介した経験から詳しくアドバイスしてもらえることもあります。未経験の診療科への転職を考えている方は、特に活用すべきでしょう。