転職者の方が高収入の場合もある看護師の転職

転職者の方が高収入の場合もある看護師の転職

2017/7/5 更新

転職で高収入と働きやすさを得よう!

転職者の方が高収入の場合もある看護師の転職

看護師の仕事は、高齢者の増加にともない、年々需要が増えてきています。 専門性が高い職業であるため、60歳を過ぎても働き続ける人はたくさんいらっしゃいます。 このような状況で、もし今転職をしたら、「現存の看護師との収入差はあるのか」が気になるでしょう。 ここでは、転職者と現職の看護師の収入差について解説していきます。

 

看護師は常に人手不足

看護師は、病院だけでなく、一般企業や公的機関などでも活躍の場があります。

また今後高齢化がもっと進む日本では、今以上に需要が高まっていきます。

しかしながら、最前線で活躍する看護師の仕事はとてもハードです。特に、夜勤・日勤の交代勤務が続くと、精神的にも肉体的にも追い込まれてしまいます。

そのため看護師の離職率は10%を超えるほど高く、常に人手不足の状況になっています。

求められる即戦力

看護師が人手不足になっている現状から、医療施設では即戦力となる看護師を求める傾向にあります。

本来であれば、新卒採用の看護師を育てていくことで、医療施設への愛着が生まれ、離職を防ぐことができるはずです。

しかしながら現状では、新卒看護師が即戦力になるまで待っている余裕がないほど人手不足は深刻なのです。必然的に、すぐに最前線で働ける人を求めるしかありません。

医療業界や看護業界は、「猫の手も借りたい」状態です。

このような状況から、即戦力になる看護経験者は転職を有利に進められる状況であることがわかります。

人手不足が深刻なほど給料提示額は増える傾向に

看護師の人手不足が深刻な医療施設ほど、少しでも早く看護師を増やさなくてはなりません。

看護師が足らない状態で病院運営を継続させると、現存の看護師の労働環境は悪化していきます。

夜勤が増え、仕事量も増えていくでしょう。ですが患者に対する看護をおろそかにすることはできません。

看護師のストレスは溜まる一方です。

看護師同士のコミュニケーションもうまくいかなくなり、人間関係も悪化してしまいます。この問題を解決するための方法は、即戦力となる看護師を少しでも早く雇用するしかありません。

これらが背景となって、現職で働いている看護師よりも高い給与や良い待遇で看護師を募集しているケースが増えてきています。

高い給与や良い待遇で募集すれば、早く看護師が見つかると考えているわけです。

医療施設が看護師獲得に躍起になればなるほど、転職しようとしている看護師にとっては有利にはたらきます。つまり、転職を考える看護師にとって売り手市場となるわけです。

ただ、このような条件で転職することには多少のデメリットも存在します。

それは現存の看護師に給与額などを知られると反発されかねないということです。

同程度の看護技術しか持っていないにもかかわらず、後から入って来た看護師が自分より高い給与をもらっていることを知ると反発するでしょう。

人間関係を上手く作れなくなってしまう可能性もあります。それを防ぐためにも、転職した際には、前からいる看護師に給与額について話さない方が良いでしょう。

転職による収入と労働環境の改善

高齢化が進む日本では、今後も看護師が売り手市場求人であるのは変わらないでしょう。

すなわち、転職によって収入アップにつなぐことは比較的容易であると言えるのです。

もちろん、収入面だけではなりません。今よりもっと労働環境を良くしたい場合にも有効に働きます。

今の勤務先の給与や労働環境に満足できないのであれば、転職によってこれらを解決できるのです。しかしながら、転職にあたっての給与や労働条件は表面上のデータでは分からない部分も多くあります。

転職サイトに登録すれば、詳細なデータが把握できるだけでなく、コンサルタントがデータに現れない情報も教えてくれます。

例えば、その病院の評判や院長の人柄なども把握することができるのです。転職サイトを有効活用して、今まで以上の高収入と働きやすい環境を手に入れてください。